KANonブログ

膝に痛みのある方におススメなダイエット法

カノン整体院 院長の金子です(^^)/

 

今回は『 膝に痛みのある方におススメなダイエット法 』について書いていきます。

 

変形性膝関節症など膝に痛みがあり、整形外科を受診したら

『 体重を減らしましょう 』

『 太ももの筋肉を鍛えましょう 』

なんて言われた方も多いと思います。

 

 

体重を減らした方が膝への負担が軽減するのは分かっているけれど、膝が痛くて運動もできない。

そんなに食べていないのに体重が減らない。

 

このようなお悩みの方も多くいらっしゃいました。

 

世の中には、糖質制限ダイエットや○○ダイエット・・・なんて山ほどありますが、無理せず結果が出るようなダイエット法はないか探していました。

 

ある時、『 オートファジー理論を用いたダイエット方法 』というものを知り、私自身で試してみました。

食べたいものを食べ、運動もしない、お酒も飲んでおりました。

でも数カ月で 62.5㎏ → 57.7㎏(約5㎏減) になっていたんです。

 

あるルールを守れば良いだけの楽ちんダイエット法は、膝痛の方には特にオススメだと思いますよ。

 

オートファジー理論を用いたダイエット方法

◆ やり方

 

最後に食事をしてから次の食事まで16時間開ける。

ただこれだけなんです!!

 

◆ 具体的なやり方

 

PM9:00に夕食を終える。

次に食事をとるのは16時間後のPM1:00以降。

 

睡眠時間もカウントされるので、睡眠時間を有効に使うのがおススメです。

 

そして、毎日欠かさずやる必要もありません

できなかった事への罪悪感やストレスを感じなくて良いので、精神的にも安心。

 

1週間の間で、できるだけ多くの回数を行うように心がければ良いのです。

 

◆ 注意点

 

・空腹16時間の間は、水・お茶・ブラックコーヒーはOK。

・お薬を服用する場合は、アーモンドを少量摂取してから服用。

・1週間に1回でもOK。(回数が多い方が減量しやすい)

・食事をとる際は、サラダや汁物 → 肉や魚などの主菜 → 米などの主食 の順で摂取する。

・腹6~8分目を心がける。

 

◆ オートファジー理論を用いたダイエット方法とは

 

人の細胞の貪食作用というシステムを上手く用いたダイエット法なんです。

空腹12時間以上経過すると肝臓に蓄えられた糖から消費され、次に脂肪細胞などが消費されます。

空腹16時間以上の経過で脂肪細胞をどんどん消費していってくれるので、減量に繋がるようです。

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

腰痛・肩こりでお悩みの方は、

大森駅徒歩3分のカノン整体院に一度ご相談ください。

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

ご予約はコチラから。

カノン鍼灸院