KANonブログ

足ツボと内臓の関係

カノン整体院 院長の金子です。

これから少しずつですが、みなさまの為になる情報を発信していきたいと思います。

 

患者さまから時々質問される内容なのですが、皆さまにもお伝えしたいと思います。

 

ある患者さまは、足つぼ治療院さんで施術を受けた際、『腎臓が悪い』といつも言われる。

しかし、健康診断などで腎臓の数値には異常が無い。

本当に腎臓が悪いのか?

 

結論から言うと、腎臓は悪くないです。

 

足つぼ療法では、内臓-体表反射というものに基づいて施術・説明を行っているんです。

腎臓に問題があれば、足のこの部分に痛みが出やすい。

他の臓器では、この部分に・・・

といった具合に。

 

実は、この内臓-体表反射って足だけの話ではないんです。

 

例えば、心臓が悪い人は左肩に痛みが出やすい。

胃が悪い人は、背中(胃の後ろ辺り)に痛みが出やすい。

などなど。

 

内臓に問題が起こった際、体表のある部位に症状として現れることを内臓-体表反射と言います。

 

ただし、ここに間違えやすい点があります。

 

それは・・・

体表に症状がある場合、内臓に必ずしも問題があるわけではないという事。

 

どういうことかというと、

心臓が悪い人は左肩に痛みが出やすいとお話ししました。

これを逆にしてみましょう。

左肩に痛みがある人は、心臓が悪いとなってしまいます。

 

左肩に痛みがある人は、100%心臓が悪いわけではないですよね。

そういう場合もある、程度なのです。

 

だから、足のこの部分に痛みがあるから腎臓が悪い、という表現が誤解を招いてしまっているのです。

腎臓が悪い場合もある、程度なのです。

 

実際この患者さまは、健康診断などで腎臓の数値が正常なのですから、腎臓に問題はないのです。

 

では、なんで足のこの部分が痛いの?となりますよね。

それは、足の筋肉や軟部組織の問題なのです。

筋肉が疲労して痛みを出やすくしていただけなんです。

 

今回はある患者さまの例を出して説明をしましたが、足つぼ療法だけで内臓の判断をするのは良くないです。

気になる場合は、きちんと医療機関で検査を受けてくださいね。

カノン鍼灸院