膝の痛みでお悩みの方へ

痛みを1日でも早く取り除き、
元気に歩く!

痛みを1日でも早く取り除き、元気に歩く

膝の痛みは大きく分けて外傷性と疲労性とに分けられます。外傷性が原因の場合、例えば、半月板損傷などがありますが、それ自体は完全に元に戻るわけではないので、整形外科的処置+リハビリの施術が必要になります。それに反して膝の痛みの多くは、脚の筋肉の衰えや膝関節内のクッションの役割をしている軟骨の減少などに由来するケースが多く、日本の中高年が訴える膝痛のほとんどがこれに当たります。

筋肉が弱ると、膝に大きな負担がかかって、膝まわりの筋が癒着するなど、痛みを伴う症状が現れます。それを放置すると、やがて膝をかばったせいで、腰にも不調が波及し、不調はどんどん広がっていきます。膝痛で歩くのに支障があると、それは不便ですし、ましてや痛みを我慢するのはつらいこと。1日も早く痛みの症状を取り除くことを考えましょう。そのために、セルフケアを含む施術以外のアドバイスなども行っています。

膝痛によくある症状

軟骨がすり減って膝が痛い

これは変形性膝関節症の症状で、中高年層の膝痛のほとんどがこれだといわれています。具体的な症状としては、以下のようなものが挙げられます。

軟骨がすり減って膝が痛い

放置すると変形が進行してさらに歩行困難になるので、膝に痛みを感じる前から、できればケアなどを始めるとよいでしょう。

当整体院の膝痛施術

膝痛ケアのメニューも豊富

膝痛ケアのメニューも豊富

生活環境や歩き方などをチェックした上で、総合的に判断し、施術方針を決めます。変形性膝関節症や膝痛の場合は、筋肉関係の施術を行うほか、ご自宅でのケアや正しい歩き方などの指導も行います。

歩き方については、実はお客さま本人は気づいていないことが多いのですが、ガニ股だったり、逆に内股だったり、すり足だったりすることで、膝に悪影響が及び、膝痛に至ってしまうのです。靴の靴底を見れば、自分の歩き方のクセがわかります。ぜひチェックしてみてください。高齢になると足首の可動域が狭くなったり、身体のクセから骨盤にゆがみが生じてきます。それが膝痛を助長することもありますので、こうしたさまざまな要素を洗い出し、施術要素として考慮していきます。