KANonブログ

四十肩・五十肩とセルフケア(つづき)

 

カノン整体院 院長の金子です(^^)/

今回は前回に続き『 四十肩・五十肩 』について書いていきます。

 

最初に行うセルフケアをしばらく行ってからは、

第2段階に移行して肩関節の可動域をどんどん広げて正常な状態に戻していきましょう。

 

第2段階のセルフケア

振り子体操

振り子体操は、腕を持ち上げる筋力を使わないで、肩甲骨と上腕骨の間に遊びを作る体操です。

 

【ストレッチの手順】

1.テーブルに痛くない方の手をつき、前かがみになります。

2.痛む側の手をだらんと垂らします。

 

 

3.できるだけ肩の力を抜いたまま、腕を前後に振り子のように動かします。

 

 

4.最初は小さく。だんだん振り幅を大きくしていきます。

5.痛みの無い範囲で行いましょう。

6.前後の次は左右。同じように最初は小さく、だんだん大きく。痛みの無い範囲で行いましょう。

 

 

7.左右の次は円を描く。同じように最初は小さく、だんだん大きく。痛みの無い範囲で行いましょう。

 

 

うちわ体操

 

1.椅子に座り肘を体幹につけます。

2.肘を90°に曲げ、手をテーブルに置きます。この際、手のひらを上にするかコップを握るようにしてください。

 

 

3.肘は体幹につけたまま肘から手を左右に動かしていきます。うちわを扇いでいる動きができていればOK。

 

 

4.ゆっくりと痛みのない範囲で10回行いましょう。

 

壁を使った体操

 

1.壁から40~50cmほど離れて壁に向かって立ちます。

2.両腕を上にあげ、手のひらを壁につけます。

 

 

3.手のひらを動かさず、膝を曲げ腰をゆっくりと下ろしていきます。

 

 

4.軽く痛みを感じるところで止め、10秒キープ。

5.この動作を10回行いましょう。

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

腰痛・肩こりでお悩みの方は、

大森駅徒歩3分のカノン整体院に一度ご相談ください。

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

ご予約はコチラ

 

カノン鍼灸院